2012年09月30日

平成24年第3回定例会代表質問で取上げた内容

9月議会においては、以下の内容について、いづれも市民相談を受けていたことから、当局の考えを質し、それぞれ要望を行いました。

1.外国観光クルーズ船について                            
(1)入港実績、乗船客数の各推移及び経済波及効果
(2)九州内他都市への入港状況及び経済波及効果
(3)マリンポートかごしまの港としての特徴(クルーズ船大型化への対応含む)
(4)受入態勢を含めた本市の取組内容及び今後の取組み(トップセールス含む)

2.市街化調整区域内の住宅等の建設について                      
(1)市街化調整区域の位置付け
(2)「かごしま都市マスタープラン」について
 @ 田園集落ゾーン・市街化調整区域での住宅等の建設に対する方針
 A 住宅建築後の道路・側溝等の整備に対する方針
(3)「鹿児島市市街化調整区域における住宅建築等に関する条例」及び「優良田園住宅建設促進制度」について
 @ 条例施行及び制度導入の経緯並びに概要(一部改正含む)
 A 効果(建築戸数含む)
B これまでの事業の検証(マスタープランが示す構想を実現できているのか)及び課題
(4)平成24年3月策定の「鹿児島市集約型都市構造に向けた土地利用ガイドプラン」について
 @ 策定の経緯及び概要
 A 市街化調整区域での住宅建築等に関する考え方及びこれまでの取組みとの整合性
(5)市街化調整区域内の道路等の整備について
 @ 道路整備等の要望状況及びその対応
 A 建設局及び経済局の今後の方針
(6)今後の都市計画の定期見直しにおける市街化調整区域の在り方

3.維新ふるさと館(経済局所管)、ふるさと考古歴史館(教育委員会所管)について   
(1)利用状況等について
@ 設置目的、展示内容及び有料入館者数の推移(13年度から5年毎)
A 開館後の展示内容等の更新・変更の内容
(2)学術研究体制について
@ 学芸員の育成を含めた現状
A 研究成果の発信
(3)入館者増に向けた取組みについて
@ 具体的取組内容
A 市民の来館を促す取組み及び観光との連携状況(観光客の誘導)
(4)運営・常設展示等の見直し及びアクセスの改善等も含めたふるさと考古歴史館の強化・リニューアルに対する考え方

4.町内会組織における市営住宅福祉会の位置付けについて     
(1)市営住宅福祉会について
@ 目的・概要(運営方法含む)・活動内容
A 町内会等の活動内容との類似点
B 福祉会は「全入居者が会員となり組織されている任意の自治組織」とされ「入居者のしおり」には「市営住宅では入居者全員が福祉会(町内会等)に加入する」と記載されているが、福祉会と町内会等との関係は
C 市営住宅福祉会ごとの町内会結成状況
(2)地域コミュニティビジョンにおける福祉会の位置付け

5.平川動物公園について                             
(1)JR五位野駅からの無料シャトルバス運行の社会実験について
 @ 目的・概要
 A 平川動物公園・かごしま水族館アクセス検討事業との関係
 B 25年度以降の平川動物公園周辺の渋滞対策
posted by 上田ゆういち at 17:48| 議会報告