2012年06月30日

平成24年第2回定例会 経済企業委員長の審査報告

s-DSC_0031.jpg 6月29日、本会議において、経済企業委員長として、経済企業委員会に付託された議案2件について、審査結果を報告しました。内容の要旨は、いずれも原案どおり可決すべきものと決定した、という報告です。
posted by 上田ゆういち at 14:40| 議会報告

2012年06月25日

平成24年第2回定例会個人質疑

s-5 上田ゆういち議員(2).jpg 平成24年6月18日に行われました定例会において個人質疑を行いました。今回は、大きな災害が発生した場合、本市の地域防災計画では対策が不十分であるとの観点から、医療機器等を必要とする災害時要援護者を避難させる場所として、設備の整った民間施設を福祉避難所として指定するよう民間施設との協定締結などを求めました。当局からは「福祉避難所については、民間の福祉施設などでは、物資・器材、人材が整っていることから、今後関係機関と協議するなど、対応していきたい」との考えが示されましたので、今後の対応を見守りたいと思います。
 
 個人質疑の内容は以下の項目です。
一 本市の災害時要援護者の避難支援体制について
   (一)「鹿児島市地域防災計画」における避難支援体制
   (二)「鹿児島市災害時要援護者避難支援プラン」について
     @要援護者の対象者
     A要援護者の避難誘導体制と現状
     B要援護者の避難所における受入体制と現状
     C人工呼吸器や吸引器などを使用されている方の現状での避難場所
     Dプランには「避難所、福祉避難所等では避難生活が困難と思われる要援護者の避難施設として、民間社会福祉施設等を利用できる協力体制を整備する」とあるが、現在の整備状況は
     E新たな支援プラン及び実行計画の策定に向けた検討を
   (三)福祉避難所について
     @本市福祉避難所の運営上の課題(開設に係る本市判断基準含む)
     A国の「福祉避難所設置・運営に関するガイドライン」における福祉避難所の指定要件及び指定目標
     B九州内県庁所在都市における国のガイドラインに沿った特別養護老人ホーム等の民間施設を福祉避難所として指定する取組みの状況
     C早急に設備の整った民間施設との協定締結による福祉避難所の指定を
  二 介護認定審査迅速化の取組状況等について
   (一)介護認定審査の状況について
     @認定申請から結果通知までの流れ並びに標準処理期間及び同期間を超える割合
     A介護認定申請件数の推移及び新規・区分変更・更新申請の割合並びに迅速化への取組内容
     B本市の更新申請における有効期間及び期間ごとの割合並びに長期有効期間の考え方
   (二)審査の迅速化について
     @平成十六年の国の要介護認定事務の見直し内容及びその後の有効期間見直しに関する国の取組み
     A本市の対応
     B更新認定にかかる介護認定審査会の合議体委員数等の見直し
     C介護認定審査の迅速化と負担軽減のため国に対し更なる有効期間の見直し要請を
  三 地域包括支援センターについて
   (一)利用対象者及び業務内容
   (二)業務内容別相談件数及び業務の質と量に対する評価・課題
   (三)平成二十四年度の拡充内容及び期待される効果
   (四)業務内容に対する市民の認知度及び周知対策
   (五)「高齢者相談センター」など地域に密着した高齢者に関する総合相談窓口であると明確に分かる名称に
  四 共同墓地について
   (一)共同墓地実態調査事業の概要
   (二)共同墓地に関する管理者等からの相談状況
   (三)管理者への指導・助言の現状及び支援内容
   (四)荒廃した共同墓地などに見られる放置された墓石の撤去方法
   (五)管理者の不在などにより荒廃した共同墓地に対する今後の整備方針
  五 平川動物公園について
   (一)年度別の入園者数の推移(過去五年)及び分析・評価(入園料値上げの影響含む)
   (二)リニューアル事業の概要及び今後のスケジュール
   (三)ゴールデンウィーク期間中の交通渋滞対策について
     @平成二十三年度までの取組みについて
      ア.渋滞状況及び周辺住民や入園者などからの声
      イ.二十三年度までの対策及び課題
     A二十四年度の交通渋滞対策について
      ア.渋滞対策の概要及び効果をあげたポイント
      イ.周辺住民や入園者などからの声を含めた評価及び課題並びに今後の取組み
posted by 上田ゆういち at 17:17| 議会報告